10月から施行

10月1日から 「改正 電子帳簿保存法」が施行されました。

 

1998年7月制定後、幾度かの改正がされていますが

今回、キャッシュレス決済の普及に伴い、

電子取引の場合の記録に関する要件が緩和されます。

 

 

目的は帳簿書類などを電子データとして保存し、ペーパーレス化を

すすめて、効率的な事務管理をすることですが

 

 

そうは言っても、そんなに簡単に導入できるものでもない!

と私は感じております。

 

 

当事務所でも、TKCシステムを利用し、手厚いサポートのおかげで

総勘定元帳、決算書類などを電子データ保存し

領収書はスキャナ保存を実施することができています。

 

 

ほかにも銀行データの自動受信、クレジットカード等の自動受信

レジデータの連動など

税務や会計のデジタル化は進んでいます。

 

 

谷口薫事務所ではデジタル化、ペーパーレス化を推進したい

事業所様を積極的にサポートさせていただきます。

ご希望の方は是非お声がけください!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>