税制改正の季節近づく

この時期になると与党税制調査会、

内閣税制調査会が開かれ、

来年の税制改正が議論されます。

 

 

そして、通常であれば

年末には税制改正大綱が公表されます。

 

 

 

今年はコロナの影響もあり、

「デジタルトランスフォーメーション投資税制の創設」など

が要望に上がっていると新聞等で報じられていました。

 

 

他にはあまり目玉になるような改正が議論されて

いないように感じるのですが

 

 

私は「贈与税と相続税の一体課税」がどうなるのか?

気になります。

 

 

 

現在の日本の税制では

贈与を毎年小分けにして行い、

相続税の節税を図ることが可能です。

 

 

これを一体化して、節税できなくしてしまおう

ということのようです。

 

 

つまり

「贈与はすべて相続時に相続財産に加算して

相続税を課する」ということです。

 

 

諸外国では相続税と贈与税につき、

資産を移転した時期に関わらず、

一体で公正な課税がされているところが多いようです。

 

 

具体的にどうなるのかはこれからの議論になるので、

わかりません。

12月に発表される令和3年度の税制改正大綱の公表を

見守りたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>