在留資格「経営管理」について 日本で会社経営をしたい外国人の方へ

経営管理ビザでは出資金の出どころが大事

在留資格「経営管理」について
この記事は約3分で読めます。

外国人個人が1人で出資して会社を設立し、
経営管理ビザを取りたい場合
通常は500万円以上出資して会社設立をします。

そして、この500万円の出資はその出所が入国管理局で問われます。

日本人が会社を作る場合は資本金の出所などは一切問われません。
外国人が会社を作る場合も資本金の出所を法務局では問われません。

しかし、経営管理ビザ申請の審査においては資本金の出所が問われるのです。

つまり、どうやって500万円を貯めたのか?

入国管理局から問われる確率が非常に高いので、
その証明をする準備が重要になるのです。

このことを考慮して、会社設立の前から資本金の出どころを明確にし
会社設立手続きを進めていく必要があります。

500万円が銀行口座に資本金として振り込まれても、
それだけでは、自分で貯めたのか、誰かから借りたのか、
誰かからもらったのか?が全くわかりません。

自分で貯めたならどうやって貯めたのか?
誰かから借りたなら金銭消費貸借契約書はあるか?
もらったなら誰からもらったのか?
どうして500万円という大金をもらえたのか?
などを文書や立証資料で証明していく必要があります。

くどいようですが、会社設立前からどうやって証明をしていくかを検討しつつ
手続きを進めていかなければなりません。

日本への資本金の持込・送金方法


日本にお金を持ってくる方法はいくつか選択肢があります。
もし、現金で持ち込む場合は、100万円以上は税関に
申告しなければなりませんので、その証明書が必要です。

100万以上を現金で持ち込んだにも関わらず申告していない場合は
違法となるので経営管理ビザの審査に不利に働きます。

特に中国人の場合は、人民元の持ち出しに制限があるので
注意が必要です。

銀行での海外送金についても年間5万ドルまでという制限があり、
そのときのレートによっては5万ドル送っても
500万円に満たないケースもあるので注意が必要です。

親・親族から資本金を借りる時の注意点

自己資金だけでは500万円が用意できない場合に、
親・親族からお金を借りる場合も多いと思います。


親・親族からお金を借りても問題はないのですが
金銭消費貸借契約書・送金記録・親や親族との関係性を
公的書類で証明することなどを
入国管理局から求められることが多いのです。

将来日本で会社設立し、経営管理ビザを取りたい外国人の方へのアドバイス

経営管理ビザでは資本金の出所を問われる可能性が高いため、
将来、起業して会社設立をしようとする場合は、
今から500万円をどうやって準備するのかの計画が必要です。


自分で貯めるならしっかり証拠を残していってください。
銀行口座に少しずつ貯金していくのが理想的です。
しっかりと資金の形成過程を説明できるようにしてください。

谷口薫

自分の性格を一言であらわすと「努力家」。まじめにコツコツと継続できるところが強みであると思っています。
しかし、趣味や遊びの面では「三日坊主」のところもあり、仕事などで集中力を使い切ってしまっているのでしょうか?
ちなみに、私の血液型はO型。星座はふたご座。干支はいのししです。

谷口薫をフォローする
谷口薫税理士・行政書士事務所

コメント

タイトルとURLをコピーしました